sik アイヌ独自の星の見方を学ぼう! sik

アイヌの星座星座早見盤 「アイヌの星座」とは、古くから北海道に暮らしてきたアイヌの人々が、まだ電気もなかった時代に生活に役立てていた独自の星の見方のこと。
 現在では、アイヌ文化を伝える人々のあいだでも語られることはなくなり、知る人もあまりいない星座ですが、古くは、200年以上前に刊行されたアイヌ語と和語の対訳集「蝦夷方言藻汐草(えぞほうげんもしおぐさ)」にも記されており、旭川出身の故 末岡外美夫先生(工学博士)が、昭和20年代~数十年かけてライフワークとして道内各地のアイヌの人々を尋ねて集めた星の呼び名が、著書「アイヌの星」「人間達(アイヌタリ)のみた星座と伝承」に残されています。
 末岡先生が遺した星座の数々を星図にし、さまざまな文献からひも解いていくと、当時のアイヌの人々のユーモア、自然観察力の高さ、北海道の歴史や生息する動物たちの生態までがわかる、とても楽しい星の見方です。

 北海道から沖縄までの星空のようすがわかる全国版仕様の星座早見盤を用いて、早見盤の使い方や季節の星の動き、それぞれの星座の見方を解説し、星の動きも含めて独自の呼び名を付けた当時のアイヌの人々のユーモアや、自然観察力の凄さを学びます。
学校で習う星座(天文学の星座)とは違う、北海道ならではの星の話を学びに来ませんか?


sik ワークショップ内容 sik

オリジナルの星座早見盤を用いて、北海道の星空とワークショップ各地の星空の違いを説明しながら、アイヌの星座をお話します。
星座早見盤の文字はとても細かいので、拡大鏡(ルーペ)などをお持ちになるとより見やすいです。

ワークショップ全体:約90分

(1) 星座早見盤の説明と使い方・・・10分
(2) アイヌの星座について(概要説明)・・・20分
(3) 季節の星座解説・・・45分
(4) 質疑応答、その他・・・15分


sik 開催日程 sik

対象 小学4年生以上 ~ 一般

山形:
甑葉プラザ 研修室
2016年11月25日(金) 19:15 - 20:45(開場19:00)


福岡:
会場未定
2017年

【申込先・お問合せ】 Astro Ninja Projects 
メール : space(ATM)astro-ninja.com  ※ (ATM) の部分を"@"に変えて送信してください。
FAX : 050-3730-7594 ※ コンビニFAXなどからは送信できない場合がありますのでご注意ください。