The Ainu Constellations

アイヌの星座とは

アイヌの星座とは、古くから北海道に暮らしてきたアイヌ民族の、独自の星の見方のこと。
現代においては、アイヌ文化を伝承する人々のあいだでも星座の話を知る人は少なく、 語られることもなくなりましたが、古くは 200年以上前に刊行され日本語とアイヌ語の対訳集「蝦夷方言藻汐草」にも、十数個のアイヌ語の星座名が記載されています。

アイヌの星座は、1950年代~数十年かけて、工学博士の故 末岡外美夫(Tomio Sueoka)氏(1931-2002) が北海道内のアイヌを訪ね、聞き集めたものです。
末岡氏の著書「アイヌの星」、 「人間(アイヌタリ)のみた星座と伝承」 には、 クロスチェックを行い、情報の信用性が高い星座を掲載しています。地方によっては同じ星のつなぎでも異なる星名を持つものがあり、末岡氏の本に掲載された星座名は有に100を超えます。
末岡氏の本に掲載された星座データをまとめ、星図に起こしてみると、当時のアイヌの人々のユーモアや自然観察力の高さを知ることができます。北海道の歴史、生息する動物たちの生態や気候変化まで、星座から知ることができる楽しい星の見方です。

About The Ainu Constellations

The Ainu Constellations reflects the view of the nature of the Ainu, an indigenous people in Hokkaido, Japan. Today, only few people can realize the Ainu Constellations even among the Ainu people and they seldom attract attentions. However, an old literature ezo hougen moshiogusa, the Japanese-Ainu translation corpus published more than 200 years ago, includes a dozen or two Ainu constellations.

The Ainu Constellations in this planisphere were collected by Dr. Tomio Sueoka (1931-2002), who have visited many Ainu people for decades from 1950s. He complied his hearing investigations and included the constellations with high reliability in his books Ainu no hosi [Star of Ainu] and Ainutari no mita seiza to densho [Constellations and Traditions of Ainu people]. One asterism may have different names in different places, and the total number of constellations well surpasses 100.

By compiling the constellations in the books written by Dr. Sueoka and overlaying them on a star chart, we can find Ainu’s humor and keen eye to the nature; the constellations reflect history of Hokkaido, life of wild animals, and climate changes.

北海道愛努族的星座

愛奴的星座是從遠古時期就在北海道生活的愛奴民族,其獨自的星座看法。
在現代,傳承愛奴文化的人之中,知道愛奴星座的人雖然越來越少,在古時候200年以前發行的日語和愛奴語的對譯集「蝦夷方言藻汐草(ezo hougen moshiogusa)」上面,仍記載十幾個愛奴語的星座名。

這個星座盤上記載的愛奴星座是從1950年代起的幾十年內,已故工學博士 末岡外美夫 (Tomio Sueoka, 1931-2002) 向北海道的愛奴族詢問且蒐集的星座。 末岡的著作「アイヌの星 (ainu no hoshi / 愛奴的星星)」,「人間達(アイヌタリ)のみた星座と伝承 (ainutari no mita seiza to densyo / 人類(ainutari)看到的星座與傳承)」,紀錄了透過交叉檢查而能夠信賴的星座。因為隨著地方的不同,相同的星星連接方式,卻有不同的星座名字,故在末岡的書上有超過100個星座名。
就會發現當時愛奴人的幽默以及高度的自然觀察力。北海道的歷史,棲息的動物生態以及氣候變化,讓我們知道透過星座可以略知一二。

北海道阿伊努族的星座

阿伊努的星座是从远古时期就在北海道生活的阿伊努民族,其独自的星座看法。
在现代,传承阿伊努文化的人之中,知道阿伊努星座的人虽然越来越少,在古时候200年以前发行的日语和阿伊努语的对译集「虾夷方言藻汐草(ezo hougen moshiogusa)」上面,仍记载十几个阿伊努语的星座名。

这个星座盘上记载的阿伊努星座是从1950年代起的几十年内,已故工学博士 末冈外美夫 (Tomio Sueoka, 1931-2002) 向北海道的阿伊努族询问且蒐集的星座。 末冈的着作「アイヌの星 (ainu no hoshi / 阿伊努的星星)」,「人間達(アイヌタリ)のみた星座と传承 (ainutari no mita seiza to densyo / 人类(ainutari)看到的星座与传承)」,纪录了透过交叉检查而能够信赖的星座。因为随着地方的不同,相同的星星连接方式,却有不同的星座名字,故在末冈的书上有超过100个星座名。
就会发现当时阿伊努人的幽默以及高度的自然观察力。北海道的历史,栖息的动物生态以及气候变化,让我们知道透过星座可以略知一二。